緊急に必要になった時の私のお金を借りる手段

緊急に必要になった時の私のお金を借りる手段

お金を借りなければいけない場面があるようなときはあまり多くない金額の場合にはまずは自分の銀行預金とか持ち合わせで足りるかどうかを一番に検討します。

 

それでもある程度以上のまとまった金額になれば銀行預金や持ち合わせでは間に合わないということもあります。

 

そのような場合には私は一番にクレジットカードのキャッシング枠を使うことを考えます。

 

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠が別枠で限度額が設定されており、あまり金額が多くなければキャッシング枠の限度額で大丈夫のことがほとんどです。

 

この場合には普通のキャッシングやカードローンとは違って新たに審査を受ける必要がないので、ATMなどがあれば速攻でお金を借りることができます。

 

クレジットカードを所有した時点でキャッシング枠分の審査は終わっているということです。

 

ただし、注意しなければならないのはクレジットカードのキャッシング枠の金利は安くはないので、あくまで緊急の場合に限りますし、分割やリボ返済は絶対にしないようにして、少々無理をしても一括返済を利用すべきです。

 

一括返済であればそこそこの金額を借りても利息の金額自体は大きなものにはならないことが多いのです。

 

今すぐお金を借りる

お金を借りることは本来大変なこと

 

お金を借りるということは本来大変なことです。

 

どんなに親しい友人や知人でも、お金となると簡単にはいきません。

 

昔から人間関係のトラブルの大きな原因となってきたのが金銭貸借の問題でした。

 

なるべく人に迷惑をかけないように日頃から金銭管理に気を付けていても、どうしても急にお金が必要になることはあります。

 

例えば病気や怪我で、入院費や医療費がかかることがあります。

 

入院となれば、かなりまとまったお金が必要になります。

 

数十万円単位の金額になることはザラなので、十分な貯蓄のない場合には本当に困ってしまいます。

 

また給料日前で手元にお金がないときに、仕事の付き合いで飲み会に誘われて断れないこともあります。

 

数万円あれば何とはなりますが、小額でも人に借りるとなると中々頼み難いものがあります。

 

こういうときに気軽にすぐにお金を借りることができるのが、キャッシングの即実融資です。

 

申込んだその日のうちにお金を借入れできるので本当に助かります。

 

ビジネスライクなので誰にも気を使う必要もありません。

 

パソコンやスマホでネットキャッシングが利用できるようになって、益々簡単で便利にお金を借入れできるようになりました。

 

なので日頃はお金を借りることの大変さを忘れてしまっているかも知れません。

 

時には昔のキャッシングのなかった時代に思いを馳せて、お金を借りるということの大変さや重要性について考えてみるのもいいかも知れません。

不動産を購入するためにお金を借りる

 

不動産を購入するにあたりお金を借りる道を選びました。

 

当初は貯金からというつもりでしが過剰資金がないことが判明したのです。

 

生活費やら必要なものを購入すると手元には現金が残ることもなくお金を借りるしか手段が残されていなかったのです。

 

しかし金利の安い銀行ローンを借りられたので家族が一丸となり銀行ローンを返済することで十年ほどで全て完済できる予定です。

 

あくまでも計算上の話ですが余裕を持ってあるので返せない月が出ても困りません。

 

働けなくなった後のことを考えれば不動産があった方が家賃もかからずに生涯生活できるのでいいのです。

 

それに二世帯で住むことを想定して作ってあるために広めのスペースとなっておりいつ誰が来ても泊まってもらうことができます。

 

広い家に夫婦二人きりというよりは賑やかな方が嬉しいのでいつか息子夫婦と一緒に暮らしたいと考えています。

 

山形に赴任していて帰ってくるまでにはあと数年かかりますがそれから後のことはこちらに帰ってくる予定だといっていました。

 

それまでに部屋を片付けておかなくてはならないのですが溢れるものでいっぱいになっています。

 

それでも他の部屋も何部屋もありますから急なお泊りにはいつでも対応できるのでした。